ねむい

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

地方制度調査会が初会合やて。

今日の朝日新聞より
第32次「地方制度調査会」が5日、初会合を開いた。

やって。

焦点は、中心都市と近隣の自治体による広域の「圏域単位」で行政サービスを進める法整備。 
今後、働き手世代が激減するため、地方の都市機能が維持できるようにするためのものだ。 
例えば、圏域内に同じような市民ホールがあれば、統廃合を促すことになる。
地方自治体が、今の半数の職員でも業務に対応できる仕組みづくりを求めることも議論になりそうだ。

やって。

ふ~ん。
そうなんや、、
奈良県の場合は、県立高校が、市民ホールと同じ扱いやったという事やろか?

何かそんな気がするけど。

市民ホールと県立高校では、存在意義が全然ちがうと思うけどな。。 
県議会からしたら、同じ扱いやったんやろか。 想像やけど。

全く腹立たしい。
公教育を何やと思ってんねん?

想像やけど。
私の子供が通う学校は公民館か?
全く腹立たしい。
今さらやけど、誰か世直ししてくれ。


ついでに議員のなり手不足についても議論してるんやって。
なり手不足の為に議員選挙なくなるんちゃうやろな。
えげつない話やけど、ほんまにそうなるかも知れん。
えげつな。