ねむい

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

暑い。

猛暑の中、夏の高校野球奈良大会が始まりました。
地元のケーブルテレビで少しだけ観てたんですけど、選手の皆さんは本当に清々しい…
彼らは常に全力なんですよね。


高校野球、いいですね。
私はついつい両方を応援してしまうんですね。彼らは勝っても負けても清々しいんですよ、、
毎年もらい泣きしています。
確実に私は年寄りに近づいています。 笑


ところで先日ケイスケホンダが「清々しい(すがすがしい)」を「きよきよしい」と発音していて話題になりましたが、
別に「きよきよしい」と読んでもいいんじゃないか?と私は思いました。
新語です、新語。
言葉の使い方は時代とともに変わるものですし。。     
駄目ですか。


それから最近の若者たちがよく「草。」とツイッターで言っているのですが、その草の意味を、私は3ヶ月くらい前に美容院ではじめて知りました。
教えてくれたアシスタントの男の子は、年齢を聞いたら二十歳でした。まるで息子です。

息子のような年齢の美容院スタッフさんに、別の若者言葉「卍(まんじ)」の意味についても教えてもらったのですが、卍の使い方は、草の10倍くらい難しかったです。笑

「卍には何通りか使い方があるんですけど、最終的には何の意味もないんですよ~」 
と息子みたいな年齢の人に言われて、私はちょっとメマイがしてきて変な汗が流れました。
なんじゃそりゃ、、、??
更年期ておそろしい。ほんま、急に変な汗が出てきて気分が悪くなる。


後日、改めて「卍」について自分の息子に聞いてみたら、息子はひとこと「知らん。」と言っていました。
彼は若者のくせにSNSを一切やらないし、クラスメイトや他人の事にもほとんど関心がない様子でした。
「卍てそんなん学校で誰も言ってない、お母さんも卍とかそんな言葉は使わない方がいいで。」とまで言われてしまいました。
・・そうですか。笑
わかりました。

息子よ あっぱれ。(誰に似た?)


それに引き換え、よその高校生のツイッターやら何やらを、しんどいしんどいと言いつつせっせとパトロールしているこんな私は一体、、、 苦笑


ネットパトロールは確かに疲れます。ほどほどにしよう。体に悪い。



今日は実家に行ってきて親と喋っていたら何かどっと疲れた。
次の選挙、わかってるやろな? と事情を説明して念押ししといた。


親世代も、とりあえず晋三のことは大嫌いみたいやったな。でも県の教育行政やらお金の流れやら選挙の投票率なんかにはまるで関心がなかった。

何でや?孫が巻き込まれてるのに。
他人事なんか。
結局、自分のことしか考えてないねん。
古くからいる県民の意識がこんなんやからあかんねんで奈良は。


一方でようわからんのは、県内の田舎で代々農業に従事している人ほど、自分の子供や孫を都会の学校や企業へ送り込みたがっていて、子供(男)が優秀な場合は実際そうなってるように私には思えるんやけど、この現象は何なんやろう。

奈良県名物、見栄っ張り気質か?
近所への見栄やな。
世間体とか。
自慢したいねんで。
あほらし。


自分は音楽に興味なんか全くないくせに、奈良県の親は、謎にピアノを家に置きたがるしな。

あれはほんまに謎やな。
あれも近所への見栄。
近所の誰々ちゃんがピアノを習ってたら、自分の子供にもピアノを習わせたくなるねんやろな。ただの連鎖反応。
あほちゃうか。


そういや私も子供の頃、強制的にピアノを習わされたけど、自分が望んだ訳でも何でもなくて無理矢理イヤイヤ通っていたから、全く練習せえへんし全く上達せえへんかった。
笑えるで。
お金の無駄。
アップライトピアノて安くても50万くらいするんかな?知らんけど。
お金と月謝の無駄遣い。笑
あほちゃうか。


奈良県の税金と同じやで。笑
そういう体質なんやろな、奈良県
ほんま、あほちゃうか。
あほらし。


もうええわ。
今日は高校野球の話題だけで清々しい日記にしようと思ってたけど、結局あとから色々と書き足して、毒吐き日記になってしもたやん。  
私もあほちゃうか。


明日からまた仕事頑張らなあかんねん。


ああそうそう今日は例の芸術家村建設工事現場を見てきました。
あの現場交差点付近に歯医者さんがあって、私の親戚が通っているのですが、歯医者さんも迷惑がっていたそうです。


あれは一体誰が得してるんですかね? 
土地を売った人(誰や?天理教か?知らんけど)と、建設会社と、施設設備業者と、その他関連会社でしょうかね。

あとは県知事と天理市長の自己満足および野心が満たされたんですね。 
あーあ。