ねむい

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

エアコン格差

25日のNHK「ニュースチェック11」を見ていたら、全国公立小中学校のエアコン格差についての問題が紹介されていました。

 

ついに報道されました奈良県教育行政の恥部。

全国ネット、しかもNHK公共放送。

 

NHKさん、都道府県ごとに色分けされた、とっても見やすく分かりやすい全国地図まで作成して報道してましたね。まあまあ時間もかけて。

 

しかしまあ、地図にしてみると奈良県の異常さがよくわかりました。

愛媛も奈良と同じくらい酷かったな、、

奈良も愛媛も雪国じゃないのにね。暑いです。

 

奈良の小中学校、暑すぎて嫌になりますよ。本当に子供が可哀想。

中学三者懇談の時も、扇風機だけがフル回転でブンブン回ってました。成績表が風で飛ばされるかと思うくらい。

 

NHK、今日はわざわざ奈良県生駒市の小学校まで取材に行ってたし。

ハゲたぬき(知事)の間抜けな記者会見まで流してましたよ。 フフフ

 

ブロック塀撤去の補正予算に慌てて二億円を編成したときもそうだったけど、全国ネットで報道されて初めて「まずいなぁ、、、」と動き始める後手後手の対応。

本当に公の組織らしいヌルい対応だというかなんと言うか。

恥ずかしいですね。

恥ずかしいわ。

奈良県の恥を全国に晒しましたね。

子供に対して冷たい県で有名になりましたね。

それにしてもエアコン設置率、酷い数字でしたよね。

 

奈良高校の耐震性も怪しいのに長年ずっと放置されてるんですよーーー!

しかも知事の意地悪心でね!

ってテレビに向かって叫びましたけどね私。

 

何か起きてから、誰かが犠牲になってから、全国的な報道等で問題視されてから、

それからやっとこさ動くんですよ、彼らは。

そういう人種なんですよ。人種というか体質?

いっつもそう。事なかれ主義っていうのかな、甘いんだ、とにかく。

危機管理意識が低すぎなんです。

自分が目立つような派手派手しいお祭り行事ばかりに熱心にお金を注ぎ込むんです。

見栄っ張りですからねえ、なんせ。

 

 

あかん、思い出してしもた。

うちの子供が幼稚園で大けがした時の園長の対応も酷かった。

ぜーんぶ後手後手でしたね。 すべてが。

あれはもうほんまに思い出したくもない記憶から消してしまいたいくらいの経験だったけど、忘れたくても忘れられないわ。

 

保険証を持って幼稚園まで走った時のことを、私は一生忘れることはない。

あいつら子供の命を預かる仕事やってことが解ってないねんで。


保護者を呼びつけるほどの怪我なら、普通、先に救急車を呼ばんか?

もう全く意味不明だったわ。

救急車が派手にサイレン鳴らして幼稚園までくるのが嫌やったのか?

 

 

あいつらは私に電話してきただけ。たったそれだけ。

 

 

あのクソ園長、自分の知り合いの、個人病院へ向かわせやがった。

信じられん。

自分の息のかかったところへ行かせたわけか。後からわかったことやけど。

あーーくそっ 思い出した。

 

今までが大丈夫だったから、これからもきっと大丈夫、と勝手に信じてやがる。

奈良県教育委員会と同じやんけ。

想定外のことは、起きるときは起きるものなのですよ。


世の中は甘くない。


 

当時の対応に納得いかんかった私は、子供の怪我が治って子供の精神が落ち着いてから独りで喧嘩売りにいきましたけど。


 

実家の親経由で弁護士に相談までいったろかと思ったわ。

(私の実母は自分のイトコの夫が弁護士だということをいつも自慢気に話す見栄っ張り人間である。しかしながらイトコの夫が弁護士という事実がなぜ自慢になるのか、それが全く私には理解ができない。なぜなら私だったらイトコに対して確実に嫉妬してしまう筈だから。ひがむでしょ普通そういうの。私ておかしいの?) 

 

しかし母親のイトコの夫が弁護士って、けっこう遠い関係やと思うねんけど、、苦笑

私からみたら完全なる他人です。

まったく後ろ盾になってへんで。笑

5年に一回くらいお葬式とかで顔みるだけの遠い親戚になんか気軽に相談でけへんちゅーね。 向こうもお金の請求しにくいわ。

 

あーーー思い出した、くそっ もう色々腹立つ!


学校に苦情を言うのって難しいんですよ。

 

子供は毎日人質にとられてるようなもんだし。


 

ところであの時も旦那は使い物にならんかったな、、どんだけ私に丸投げやねん。

子供のことが大事じゃないの?



だから男てあかんねん、いっつも自分が一番でいたいねん。

自分のことを一番に心配してほしがるねん。

 


旦那は自分の子供やと思うくらいで接するのが、たぶん一番不満が少ないねん。

旦那は、生活費をいつも頑張って稼いでくれている自分の子供やと思うように努力したら、あんまり腹も立たない。



旦那に頼ろうとか旦那に何とかしてもらおうとか、世の奥様方は(全員ではないやろけど)、旦那に期待しすぎるるから腹立つねんて。たぶん

家事育児ではほんまに男て役に立たんねん。

 

男も子供を産める体になってはじめて男女平等が成立するんとちゃうかな。

 


いやでも子育てて、今さらやけど凄い仕事やと思う。

幼児教育も含めて小中高と、どんな大人がどんな教育をするかで子供の人生がある程度は左右されるのとちゃうかな? 


教育て子供の人格形成にも大きく関わってくると思うねんけど。


自分で子供を育ててみて、はじめてそれが解った気がするけど。

 

だから、いま奈良県教育委員会がやってる高校再編計画ってのは、最低のやり方やねん。 

やるならやるで、子供の心を傷つけることなく徐々にゆっくりやらなあかんねん。汚いねんとにかく、やり方が。

 


それと国はいま、保育園に子供を放り込んで女性もどんどん社会で働け働けとかしょっちゅう言うてるけど、放任主義でも強くたくましく生きていける子供ならそれでええのかもしれんけど、繊細で感性が豊かで想像力も豊かで不安感が強めの子供とかは、そういう育て方をすると将来ちょっとおかしなことになってしまうんちゃうかな?

と、私なんかは勝手に思っているねんけど実際のところどうなんやろう。。

 


人間ひとりひとり性格は違うもんやし、植物と同じで、その子の性質によって対応は変えていかなあかんとういうか、丁寧に寄り添って手と心をかけてあげることで、それでやっと安定した情緒と自己肯定感を得られることの出来る子供もいっぱいいるんと違うかな。。。 


とにかく難しいねんて、人間を育てるのは。



にんげんだもの

くだものだもの

けだものだもの