ねむい

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

習う漢字の順番決めたん誰。

ずっと前から思っててんけど、学校で習う漢字の順番てさあ、いつ誰が決めたの?

昔の文科省の人達ですかね。。

 

学校の教科書つくる委員会みたいな国語学者の集まりか何かがあって、そこで決めたんやろか? 

それにしても謎やねんけど、あの順番。

 

教科書に出てくる漢字の順番さ、あれは何で今のあの順番になったんか、誰か納得いく説明してくれへんかな。

 

もう、ややこしくてややこしくて仕方ないねんけど・・

どう考えても先に習ってそうな画数少ない簡単な漢字よりも、どう考えても(子供にとって)書くのも覚えるのも難しそうな画数の多い漢字の方を先に習うってさーー、この順番はほんまに一体何でなんやろか。 もう、ほんまに謎。ややこしい。

 

ややこしいで。 笑

 

何でこんな理由で仕事行き詰まらなアカンねん。

わたし今日はゴハン食べる時以外ずっと一日中仕事しててんけど、この「どの漢字をどこまで使うのか問題」でつまづきまくって、困っちまって参っちまったわマジで。

 

国語辞典ばっかり引いてるし最近。

助数詞てよう考えたら難しいわ。ふだん何気なく使ってるけど、自分の思い込みて信用でけへんねん全然。

イルカは一匹二匹? 一頭二頭?

ゾウは一頭やろ。

恐竜は、、大きいのは一頭二頭で、小型恐竜は一匹二匹て数えたらええの? でもさ、小さい恐竜ていうのは、どこからが小さい恐竜なん? ラプトルは小さい恐竜?いや、あれはまあまあ大きいで。ほんだらラプトルは一頭二頭か?どうせえっちゅうねん!笑

 

こういう問題に慣れてないという私側の問題でもあるんやろな。

なにせ教員免許ナシ。

 

学校の先生って大変なんやな今さらやけど。知らんかったで。いや何となく大変やろなと想像は出来るねんけど、なんちゅうのかこう、モンスター親対応とか暴れる子供対応、イジメ対応とか、そっちの大変さばっかり想像してしもてたわ。

 

勉強やら日本語を教えるっていうのも普通に大変なんやな。

子供の思いを否定しないように肯定的なコメント常に考えやなあかんしさ。

教師てめっちゃ色んな引き出し(思考の)持ってないと務まらない仕事ちゃう。

 

だって、人間て、みんな考え方が違うもん。

全く同じ思考回路の人がいたら気持ち悪いやんか~逆に。

 

まあ価値観が似てるタイプとかそういうのは当然あるねんけど。

そういう人とは友達になったり色んな形でお近づきになったりするねんけど。一緒にいてラクやし喋ってて楽しいから。

 

人間てほんまに複雑やわ。

もう、どんだけ理解しようと努力したところで絶対に相容れないタイプの人ちゅうのも居るしな。

もうそういう時は諦めるしかないねん、理解するの無理。遮断。

 

ちなみに私らの親世代て謎に自信過剰な人間が多くて(高度経済成長期を経験したからか?)困るねん。ハッキリ言うけど老害やん。

ついでにバブル景気経験者もやっかい。勘違いしてるから。

 

また本人達がそれに全く気がついていないちゅうのが問題やねん。

謎に自信過剰。ほんまに謎。

 

時代は確実にかわってるのにな。

あんた達の成功体験なんか全く参考にならん、役に立たん。

ええ加減、気づけよ。 無理か。

 

頭ガチガチに固い人も多いしなあ。私の親がそれやねんけど。

 

親のそのまた親が戦争を思いっきり経験した世代でその影響もあるんやろけどな。何せ墨汁で教科書塗りつぶしてますからね、、私の祖父母世代(もうちょい下世代かな)は。もうほとんど死んでるけど。

 

 

私は昭和40年代後半生まれやけど、世の中から精神的虐待受けて育ったようなもんやで。

親が家で理不尽に怒鳴り散らすとか日常茶飯事。封建的やったし。家父長制ていうのかな。女は黙っとれ的な。

可愛い可愛いと、今の子供みたいに甘やかされた記憶ゼロですよ。笑

 

祖父母すら厳しかったわ。

軍隊みたいやったで。私が子供のころ誰も笑わなかったもん私の祖父母も両親も。ユーモアのない家庭はなかなかの地獄でしたよ。

 

いまでも私の父親はデカい声で毒吐きまくってる。年取っても弱らん最強。

弱るときは昇天する時やなあれは。ある意味わかりやすいで。

 

 

ところで私が子供の頃って、学校の教師も普通に理不尽に怒鳴り散らしてた時代やってんな。。

もうめっちゃ怒られてたで。クラス全員で。教師めっちゃ怖かった。

給食は残したら駄目とか。 体罰とか。

忘れ物したら、始業時間過ぎてるのに走って家まで取りに帰れとか。

 

私は朝の会の時、一人でうつむいてちょっと思い出し笑いしてたら「お前、何笑てんねん!気色悪いんじゃ!!」と担任にめっちゃ怒鳴られたことあるねん。笑

あれは今でも忘れられんな。

朝の会でちょっと笑顔を見せたら怒鳴られる、、どういう事やったんやろ。陸軍の訓練生か。中学生の時やけど。他にもヒステリー婆みたいなオバハン教師とかいっぱいいた。

 

あれ、ああいうの、今やったら大問題とちゃうん。ニュースやで。

 

何があったのか忘れたけど、連帯責任でクラス全員寒い冬の日に廊下で正座とかさ、普通にさせられててんけど・・もうトラウマ。

小学校で泣きながら給食たべてたのは完全にトラウマ。 

あんなん虐待やんか。

 

あーーまたいらんこと思い出してしもたやんか!

くそっ 腹立つ!!

まあいいか。おかげで鍛えられたのかも知れんで。軍隊方式で。

 

私はちょっとやそっとでは挫けない。

メンタル弱い割に変なところで我慢強いし、自分でも驚く程かなり粘り強いねん。

 

粘土メンタルと名付けよう。

すぐにグニャグニャになったり潰すのも簡単やけど、すぐまた違う形になって合体して復活する。

 

ターミネーター2みたいやな。笑

寝よ。

 

 

ああ、それから最後になってしもたけど、土曜日の夜、近鉄あやめ池駅であった人身事故は、奈良県の公立高校の男子生徒やったらしいで。。

 

公立高校、、 どこの高校やろか。スマホに学業の悩みが綴られてたとか。

 

あかんで。

こういうのはほんまにあかんねん。

 

奈良県の毒大人はほんまに全員ちょっと考えを改めるべきやで。

 

この1週間で奈良県内の高校に通う男子生徒が2人も近鉄奈良線で自殺してるんやで (>_<)  

ほんまに奈良県は考えを改めるべき。

 

偏見に満ちた傲慢体質、実績第一進路指導のしわ寄せが、弱い子供のところに確実に来てる。

 

繊細なのよ子供たちは。

ずっと無理して我慢してんのよ。

 

ずっと何年も前からゆっくりひとつひとつ弾はこめられててんて。

撃鉄おこして引き金ひかれたのがたまたま今やっただけ。

 

 

行きたい大学なりたい職業は、子供本人に決めさせろ。

 

ごくたまに「子供を医者にする!」とか言うてる親に出合うけど、その自己中心的考えにゾッとする。

 

おいおい。医者は子供自身が「絶対なりたい、人の命を助けたい!」と思ってなるべき職業やろ。

それに子供は親の所有物ではない。子供は他人。親とは別の意思を持つ。

 

医者は、親に無理やり「医学部へ進め」とか言われて「ならされる」職業とちゃうで。

 

患者側もそんな「親から無理やりならされた」医者に診てもらいたないわ。

 

これ例え話ですからね。

すぐ真に受けるちゅうか額面通り受け取る、想像力欠乏症の人が多いから困るで奈良県てとこは。 

ついでに私の親も両親揃って想像力欠乏症やからキツかったわ。

例えば村上春樹の恋愛小説読んだり、色んなジャンルの映画でも観てもっと感性と想像力を鍛えろや!!

フランス映画がええんちゃうか?想像力を試される。「たかが世界の終わり」とか観ろ。

 

理数系に多いねん想像力足りない奴。

人生に答えなど無いねんで。

 

フランス映画が無理なら、「男はつらいよ」を全作みて、人間について少しは勉強しろよ。

どれでもいいから山田洋次作品を今すぐ鑑賞して感想文を書いてこい。

原稿用紙五枚な。