ねむい

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

ザッカーバーグしっかりしてくれ。

フェイスブックて何となく気持ち悪いから私はやってないんですけど、やってなくて良かったとほんまに思う。

 

めっちゃ個人情報流出してるやん~ 

気持ち悪いな。

あれって名前も経歴も出身学校も、、それから結婚してるかしてないかとか、メールアドレスとかそんなんも全部ダダ漏れになってる人がいるってことですか?

写真を載せてるひとは顔写真もですよね?

非公開設定とかそんなん関係なくですよね?

 

えーもうほんまに気持ち悪いな。

私はやってないけど新聞読んでるだけで気持ち悪い。

 

 

でも考えてみたら私たちが学生だった頃の卒業アルバムって思いっきり住所、名前、電話番号が載せられてたで。あれは今から考えたら恐ろしい話やんか! 

いまあれを詐欺師がオレオレ詐欺に利用してるみたいやけど。

連絡網とかさ、ああいうのも、携帯電話が普及するまでは普通にクラス全員分の家の電話番号を配ったりしてたし。悪い人がいたらいくらでも悪用できたと思う。

 

 

好きな子の電話番号をゲットすることは簡単やったやろけど! ふふふ。

 

わたしは学生時代モテるタイプではなかったけど、高校生のときに1度だけ、違うクラスの全然喋ったこともない男子から家にいきなり電話がかかってきたことがあって、それをいま急に思い出しました。 笑笑

 

ふだん女友達とばかり遊んでいて男の子との接点など全く無かった私は、男子と会話をするのに慣れていなくて、突然でびっくりしすぎたのもあって、電話で何を喋ったのか全く覚えていないな。笑

たぶん「えっ?」とか「あっ はい。」とか「あ、そうなんですか・・」しか言ってなかったと思う。

 

今さら遅いけど、あのとき素直に、電話してきてくれた男の子とデートしたり一緒に下校したり、よくある高校生向けの映画みたいな、ああいう甘酸っぱい青春学園生活を経験しておけば良かったわ!!! 

 

男性に対する免疫がなさ過ぎたっていうか、女友達との友情を優先したというか(毎日一緒に帰る女友達を裏切ることはできないという訳のわからん義務感?みたいな)

 

 

まあまあ可愛らしい整った顔立ちの男の子だったんですけどね。。

こんな私のどこが気に入ったのかくらい聞いておけば良かったっていうか。

こういう私の内面を知られて幻滅されるのがコワい気もするけど。

 

ていうか、2回目に電話掛かってきた時は、たぶん私の毒親によって勝手に電話切られたか、つないで貰えなかったような気がする。

うちの親は古い人間やから男女交際とかそういうとこにも異様に厳しかったですよ、そう言えば。異様に厳しかった。苦笑    

 

結婚は親が決めたお見合いで!みたいな。

どんだけ子供の心の成長を邪魔すれば気が済むのでしょうか。奈良の毒親

昭和初期かよ。いや大正?明治?江戸?

結局わたしは後々親に大きく反抗してお見合い話を全部断ってやりましたけどね! 

会うだけ会って全部断る。しかも相手に失礼な断り方をする。笑

 

いわゆる親の顔に泥を塗るってやつです。決行してやりましたよ私は。20代前半~中盤にかけて。思いっきり。

仲人さんに電話で親が怒られていて、いい気味だと思った。笑

 

 

バカめ。 

厳しくすればするほど揺れ戻しはコワいのですよ。

 

 

だから奈良県の議会ジジイ老害連中もさー、いま奈良県の若者に冷たく厳しく権力で無理やり押さえつけようとすればするほど、あとあと揺れ戻しがコワいということを覚悟しておいた方がいいかも知れませんよ、ふふふ。

 

 

何事も無理を押し通そうとすればするほど、あちこちに変な歪みが生じますからね。ご存知?

 

時代は確実に変化しているのですよ。

老いては子に従え、ですよ。奈良県の爺連中には難しい言葉でしょうけどね。

 

 

 

あーーー何か昔のこといろいろ思い出したで。

くそっ 今ごろ思い出散歩したって遅いで! 笑

青春は戻ってこない。

 

ところでフェイスブックやってたら、そういう「何年も音信不通だった昔の知人」から突然連絡が来たりするんですよねー? やってないから知らんけど。

そういう意味では素晴らしいツールやんか、フェイスブック

昔の同級生とか音信不通の懐かしい同僚は、(人生に若干疲れてる私の)日常のスパイスになるかも知れへんやんな。笑

 

もっと危機管理ちゃんとせえよザッカーバーグ! 頼むで!

もっと完璧なシステムを作れ! 無理か。

 

あと5年後くらいに私もフェイスブックはじめよかな。笑

なんか切ないから、あしたは中年が観て元気になれそうな映画を観よう。

もう寝ます、

なんか虚しいちゅうか、あほらしなってきた。

 

 

.