ねむい

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

純一は言っていなかった。

石田純一の「不倫は文化だ!」発言て、どっかの雑誌が作ったハナシらしい・・笑

 

そういえばあのとき石田純一はゴルフしながら記者に囲まれて

「文学の中にだってさぁ、忍ぶ恋だとかそういうのって沢山ある訳でしょ?」

 

...みたいな事を、歩きながら言うてたような記憶があるようなないような。

源氏物語がどうたらこうたら、、とか言うてたような記憶があるようなないような。

例として源氏物語を出してたかどうか、ちょっと覚えてないけど。笑

 

でも光源氏て考えてみたら幼い女の子から人妻まで、あらゆるタイプの女に手を出してるで。凄い男やな。まるで石田純一やん。笑 

石田純一はさすがに幼い子には手を出してないと思うけど。

 

 

でもまあ確かに、文学の中には不倫が溢れてますねえ・・。

それは事実やんか。(純一は正しかった)

 

ていうかそういう経験が豊富でないと恋愛小説なんて書かれへんねやろな。

谷崎潤一郎とか。渡辺淳一とか。瀬戸内寂聴とか、、その他大勢エトセトラ

谷川俊太郎の女性遍歴もなかなかのものやったというか。

こないだ新聞連載で読んでんけど。

 

林真理子は「私は妄想だけで書いてます!」て言ってたような気がするけど。笑

 

 

瀬戸内寂聴は、

「あのネ皆さんね、不倫がダメってことになると、名作と呼ばれる文学作品なんてネ、ほとんど全部なくなってしまいますからね~!!」

 

みたいなことを法話で言うてたな。笑

テレビでみた気がする。

 

瀬戸内寂聴も新聞で月一連載してて、興味深いこといっぱい言うてはります。

 

 

 

.