ねむい

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

仮装して騒いで何が楽しいのか全く分らん。

日記を書くの、面倒くさい日がある。

今日まさにそれ・・

意地だけで書いてる。

 

さっきまで仕事しててちょっとしんどい。

でも子供はええな、なんか素直で純粋で。

子供が一生懸命書いたであろう手書きの文字を見ていると、

薄汚れた私の心も浄化されるようであります。

まるで澱んだ沼地の中に、澄んだ川の水が流れ込むかのような・・

言い過ぎか。

 

 

ときどき仕事しながらグッときて、自然と涙が溢れてくることがある。

わたしの子供も昔は純粋で、泣いてばかりで可愛かってんけどな・・

 

 

小さい頃は純粋で泣いてばかりでとても可愛かった私の子供。

成長するにつれ内面がだんだん私に似てきて、最近ちょっと気味が悪い。

まるで自分を見ているかのような時がある。

 

気持ち悪いで・・ 苦笑

面白い時もあるけど。

カエルの歌のように共鳴し合えるから。

旦那はちょっと生息域がちがう。

 

 

うちの子供。

ときどき独りでフフッ、とか思い出し笑いしてるし。

昔の私とまるで同じやんか・・ 笑

想像力が豊かなんですね。

脳内に思い出し笑いの在庫があるということは、いいことです。

それだけで人生がすこし豊かになりますからね・・

 

 

因みに私は、みうらじゅん氏の話を思い出しては、

よく独りで思い出し笑いをしています。

電車の中で急に思い出して、ププッと吹き出しそうになったりとか・・

端からみると、完全にヤバいオバハンです。

咳払いをして誤魔化すのが大変です。

 

もう寝ます、

 

 

 

.