ねむい

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

命の母買ってきたし。

日本人女性にとって、家事育児と仕事の両立っていうのは永遠のテーマやと思うねんけど、仕事をもつ世の奥様方は、一体どうやってこの問題を乗り切ってるんやろう。

夫の協力かな。

 

私のチマチマした仕事ですら、家事と同時進行となると時間が足りなくて、イッパイイッパイでしんどいのに、朝早く職場へ出勤して夜に帰宅するお母さん方の生活て、一体どうなってんの?

 

 

外で働いてたら、私やったら帰ってから晩ご飯作る気力ないと思う・・

仕事帰りにスーパーへ寄る気力すら、ないかも知れへん。

ぜったいしんどいで。

 

 

結婚直後の共働き時代を思い出すと。。

まあ、あの頃は若かったから。子供もいてなかったし。

いまと比べることはでけへん。

でも二人ともイライラしてたから、旦那とはしょっちゅう喧嘩になってたな。

激しい喧嘩。

 

うちの旦那は家のこと全くなーんにもせえへん人やからな。

そりゃ喧嘩になるわ。

私が仕事を辞めた途端に、喧嘩が減った。

そういうことか。

旦那は家事をしたくないんやな。

 

 

昨日やったかな。

昨日(日曜日)も私は一日中家で仕事してて、それでもちゃんと夕方買物に行って晩ご飯つくったりして一人バタバタしてたのに、

晩ご飯を食べる時になって旦那が 「俺の箸がない。」 とつぶやいた時は、

ちょっと本気でグーでパンチしたろかと思ったで。

思っただけで、パンチしてないけど。

 

イラッとして思わず

「自分の箸くらい自分で取りに行ったら!」

といいそうになったけど、それ言うと余計に面倒くさいことになるのは目に見えてるから、グッとのみ込んだ。

ストレスたまるで・・

 

腹立つからお酒ぐびぐび飲んだった。

全くほんまにもー 

この歳になると、お酒を飲むか映画を観るぐらいしか楽しみがあらへん・・

 

 

旅行いくにしても、家族で行ったって、そんなん今の私にとっては仕事の延長やわ。

旅行いくなら一人旅やな。

誰にも気を遣いたくない。

誰かに気を遣いながら喋るのは、しんどい。

 

たいして面白くも無い誰かの話に無理矢理あわせながら行く旅行なんて、

ぜんぜん楽しくない。

よくオバチャン三人組とかで日本海カニ旅行とか行ってるけど、

あれは楽しいのか?

心の底から楽しいのかな?

カニを食べてる瞬間だけは楽しいかも知れん。

 

 

あぁ、わかったで。

子供が自立して家を出て行ったら、その時やっと主婦は家庭という修行道場から解き放たれるのちゃう?

 

もうね育児は人生修行です。

人生修行ていうか、自分の人生の振り返り? 

なんかそんな感じ。

学生時代の私はこうやった、ああやった・・とか最近めっちゃ思い出すもん。

親とはコミュニケーションが成立しなかった・・とか暗黒面も思い出す。

 

 

ところで

あの日本海カニ旅行おば様三人組は、子供が自立したフリーな人達やねんて絶対!

それなら私にも理解できる。

 

そうか、そういうことか・・

家の心配をしなくていいなら、それはさぞかし楽しい事でしょう。

 

カニ食べに行くのに、子供を家に残してきたら何となく後ろめたいけど、

旦那は別に一人で家に残しておいても全然心配じゃないし、何とも思わないし、後ろめたさも無いわ、全然。 笑

 

残される旦那もヨメが居ない方がラクとちゃうか?

いや、わからん。

うちの旦那は心が狭い男やから、ぐちぐち嫌味言うてきそうな気がするわ。

ええ身分やな、、とか何とか言いそうやで。

 

 

自分は出張先で上司に美味しいものをご馳走になったり、横浜の夜景がキレイなバーとかでお酒のんだりしてるくせにな!!

ていうか何で出張に行って横浜の夜景が見えるバーやねん!

意味分らんわ。

腹立つ!

 

それを私が指摘したら、「俺は仕事で行ってるね!」とか言う。

腹立つ!

 

 

じゃあ私も出張があるような仕事に就けばいいのか?

それはそれで何か文句言ってきそうな気がするわ、うちの旦那。

 

 

ていうか、出張するような仕事に私が就いて経済的に自立したら、いまの旦那をさっさと捨ててしまうかも知れへん。一緒に暮らす理由あらへん。

なんか、そんな気がする。

 

 

まあ、それもええかも知れへんなー

長い人生、いっかいくらい離婚を経験して、また縁があったら別の誰かと結婚してみるのもええかも知れん。

しかしこの問題は、子供とちゃんと協議する必要があるで。

旦那はまあ他人やからアレやけど、血縁ある子供には嫌われたくないわ私も。

 

 

しかし完全に更年期やな。この精神状態。

更年期ておそろしいねんな、知らんかった。

寝よ、

 

 

.