だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

眠れそうにない。

 

訳あって今日はちょっと朝方まで眠れそうにないな・・・

 

イライラする。

腹立つ。

 

こんな時に仕事したら失敗するのは目に見えているから、仕事はやらんとこ。

 

映画でも観るかな、 パソコンで。

映画観だしたらほんまに寝られへんようになるかも知れんけど、

あしたは日曜やから別にいいや。

 

あーーーもう離婚したいでホンマ。

子はかすがいって言うけど、ホンマにその通りかも知れへんな!

子供がいてなかったら絶対に離婚してるで私。

結婚生活は、もうええわ。

男と共同生活するのはもうええ。

 

めっちゃ優しくて尊敬出来る男の人やったら、話は別。

どこ探しても居てないわ、そんな男!

ていうか、そんな男がもしこの世に居たとしても、私を選びはしない。笑

そういう男は女性にモテるから浮気性やったりするし。(これは真実)

 

まあ、私も欠点だらけな人間やしな。

完璧な人間なんて居てないしな。

仕方ないか・・・ 

何が仕方ないのかわからんけど、仕方ないな。

今の旦那を選んで結婚した私にも問題はある。

 

世の中、しゃーないことだらけ。

 

 

そうそう。こないだ「素晴しき哉、人生!」ていうフランク・キャプラの映画を観てんけど、これはめっちゃいい映画やったな。面白かった。勉強になった。

 

人はちょっとした事がキッカケで、世界が全く違うものに見えてくるねんな。

世の中の見え方が180度かわるというか。

恋をすると世界がバラ色になる~ 的な? 

ちょっと違うか。

まあでも似たようなもんかも。

 

人生にはスパイスが必要なんやで。

自分の殻にばっかり閉じこもってたらあかんねん。

 

自分の殻に閉じこもる「自分病」の男、、

それは、うちの旦那です。

あの人は、自分の事ばっかりやから。

いっつも自分目線。

子供がいても常に自分目線。

いっつも自分が一番。

その割には優柔不断で、頼りない。中二病

 

 

どういう育ち方をしてきたら、ああいう自分病男が出来上がるんやろ?

男は皆そういうもんなのか?

生物学的に、そういう風になってしもてんのかなあ。

 

でも「育ち」て関係してくるやんな。

欠点ひっくるめて自分の親に受け止めて貰った経験あらへんのとちゃうやろか?

(これは私にも当てはまる)

 

どうもあの人は、児童期のそういう「親に甘えられなかった心のモヤモヤ」を私にぶつけることで、精神のバランスをとろうとしているような気がするねんけど。

だって自分の親とはノーコミュニケーションやもん、旦那。

 

 

私の方が自分の気持ちをぶつけやすいのか・・ 

まあこれは、夫婦関係としては成功してると言えるのかも知れんけど?

難しいところやな。

私がもうちょい器の大きい人間やったらよかってんけどな。

小さいねん、私の器。

旦那よりは大きいけど。

 

もうほんまに人間関係て難しい。家族て難しい。

 

 

まあ、誰だって誰かに精神的に甘えたいときはあるから分からんでもないけどさ、私だって誰かを頼ったり甘えたりしたいときはあるのですよ。

 

欠点丸抱えで誰かに受け止めてもらいたいわ、私だってさあ!

こう見えて必死で踏ん張って生きとんねん、私も!

いつもいつも家庭の最高責任者やってんのはしんどいねん!

 

ウチの旦那は、私はお気楽に生きてると思ってるとこある。

全く、、子育てと家事のしんどさを全部私に押しつけといてな。

腹立つわー

 

たまには映画でも観て勉強しろよ!

視野を広げる努力をせえよ!

 

というわけで、私はこれから映画を観て、視野を広げる努力をします。

器の大きさは変えられないから、視野を広げよう。せめて

 

 

.