ねむい

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

きょう思ったこと。

奈良県知事選は予想通りの結果。

テレビみながら笑ってしまった。
出山アナウンサーを久しぶりに見たな、そういえば。でーやん頑張ってた。


だけど川島さんは予想以上に頑張ったのとちゃうやろか? 私はそう思う。
奈良県では全く無名やった人が、あそこまで票を伸ばすて凄いことやと思うで。

だって奈良県ですよ?
老害ジジイ天国の。


川島さん、体制を建て直して意識改革&バージョンアップして、四年後また出たらええのとちゃうかな。失敗は成功のもとです。そしてピンチはチャンス。


あ、M川氏では無理です。
なぜなら、私もそうやけどアンチM川ってのが奈良県には一定数居るから。(それと高校再編は選挙の争点にはなり得ないと思う。この日記で前から言うてるけど。)

あのM川氏は何か気にくわんって人が奈良にはまあまあ居るんです。だから当落を繰り返してるんやん~。
もうね、あの人には政治家特有の変な汚れた打算的イメージが付いちまってるんです。だからM川氏では無理。

一本化一本化って一本教の教祖みたいに言うてる人が居るみたいやけど、対抗をM川氏に一本化したところで現職には勝てなかったと思うわ今回の選挙は。
むしろ一本化するなら川島さんに一本化した方が面白かったんとちゃう~?あの結果を見て私はそう感じた、個人的に。
今頃何を言うても後付けに過ぎないけどさ。


川島さんはピュアで不器用な人柄が良かったんやけどな... ピュアすぎたんかな。
何というかこう、もっと普通にオーソドックスに地道に大人な活動をして欲しかったな。その方がいいと思うわ。奈良の選挙に派手なパフォーマンスは要らない。東京やないねん、ここは奈良県。余計なお世話かもしれんけど。


奈良県民は、奇をてらった事や過激な事が苦手なんです。だって奈良県ですから。
な、ら、け、ん!


奈良は昭和初期で時代が止まってるんやから、選挙運動も昭和スタイルでやらなあかんのです。ターゲットは頭固い年寄り連中なんです。雨が降ろうが風が吹こうが必ず投票所に行くのは田舎の年寄りなんです。若い人は殆ど選挙に行かない。(アカンやんけ!)


川島さんなら、うまくやれば、田舎の年寄りにすんなり受け入れられそうな気がするんですけどね、、私は。うまくやれば、ですけど。


私の生まれ育った田舎集落の年寄りなんかは、ああいう、地域医療に熱心なお医者さんを欲してる筈なんです。
病院より家がいいっていう年寄りは大勢いるんです。年寄りは、誰でもいいから話し相手が欲しいんですとにかく。
なので... もういいか。


川島さん、今回は応援スタッフが若すぎたのかも知れません。それと準備不足。
是非この経験を次にいかして下さい。お願いします。私が奈良に住んでいる限りは、陰ながら応援いたします。





.