だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

疲れたから寝る。

 

 

奈良県教育委員会に言ってやりたいことはいくらでもあるけど、今日はなんかしんどいのでやめとく。

 

 

全然関係ないけど、やっぱりマサコサマは英語を使ってるときが一番楽しそう。

独身時代バリバリやったもんな、、マサコサマは。

 

皇太子時代の浩宮サマがマサコサマにプロポーズする時に言った有名なセリフが、私は忘れられない。

 

「マサコさんのことは、僕が全力でお守りします。」

 

「僕が全力で貴女のことをお守りします。」

 

 

こんなこと私、今まで生きてきて、一度も誰にも言われたことあらへんで~

自分の親にも「全力で守るから。」などと言われたこと無いな。

 

 

どちらかというとウチの家族や私の親は、面倒くさいこととか生活する上でちょっと厄介なことが起きた場合、私に何とかしてもらいたいといつも思っていて、私に変な手続きを依頼してきたり、変な調べ物やお願い事をしてくることが多いような気がするねんけど、これは何でなんやろ。

 

依存すんなや。しんどいねんで私も

 

私もたまには誰かを頼ったり、誰かに(精神的に)寄りかかったりしたいわ!

まあいいねんけど。(どっちやねん)

人は、誰かに必要とされてるうちが花やと思うし。

 

 

 

それにしても。

「あなたのことは、僕が全力でお守りします。」なんて死ぬまでに一度でいいから男の人に言われてみたいもんやわ。

 

感動するやろな~ そんなこと言われたらもう秒で落ちる。

 

 

私はこれまでどちらかというと男の愚痴と弱音を聞いてばっかりで、(精神的に)男を支えてばっかりの人生のような気がする。聞き役っていうか。

もうこれ運命やろか。

運命やったらしゃーない。

 

 

どんだけーーー! 笑

寝よ、

 

 

.