だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

面白い映画やった。

私は昨日、アマゾンプライムで見つけた「オン・ザ・ハイウェイ」という映画を観て、それで急にトム・ハーディのことが好きになったんですよ。


オン・ザ・ハイウェイ
ものすごく興味深い映画でしたね。面白かった。初めて見るタイプの映画やったな、、


最初から最後までトム・ハーディが独りで車を運転してるだけやのに、映画始まってすぐに引き込まれた。
すぐに感情移入。


社会的に成功した男性が道を踏み外してしまう様子が.... 何とも。


あれは男の更年期障害みたいなもんかな?
ああいう人って居るんとちゃう?
いそう。
中年クライシスやんか... わかる...



何となくアイヴァン(トム・ハーディ)の気持ち、解る気がする。

アイヴァンは真面目な人なんですよ。真面目やから葛藤するし、女のことも子供のことも放っておけないねん。仕事のこともずっと気になってる。

あの人は駄目男じゃないと思う私は。
真の駄目男なら、あの日いつもの交差点で右折することはないし、奥さんに対してもああいう風には言わないし、自分の子供と会話しながら泣くこともないし、仕事関係の電話に出ることもない。


きっとアイヴァンは、家庭でも職場でも今までずっと「完璧な」人だったんでしょうねぇ、、
アイヴァンは家では弱音を吐かず愚痴も言わず、いつも頑張って踏ん張って「良い夫、良い父親」をしてたんですよ独りで。
たぶん。



あーあの続きがみたい。
いやアイヴァンの修羅場は見たくない。
彼は翌日から人生の修羅場です。
アイヴァンの人生(第二幕)はこれから始まります。
ちょっと続きがみたい、やっぱり。(^_^;)
 


それにしてもトム・ハーディ色男やな。

次のボンド俳優はトム・ハーディでお願いします。








.