だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

色んな事が起こりますね。

 

 

農水省事務次官が44歳の息子を殺害。

ふ~ん。

エリートの転落人生。

育児に失敗して息子に足を引っ張られるパターン。

こういうの、実はけっこうあるやんな・・殺害までいかなくても、世間によくある話とちゃうやろか。

エリート親が育児に失敗。

 

 

だから子育ては難しいんですって!

育児は片手間に出来る仕事やあらへんねんって!

子供はひとりひとり性格が違うねんで・・ とうぜん、持って生れた才能も、ひとりひとり違う。

 

早期教育とかいうて幼稚園児に無理やり英会話習わせたり小学校低学年から“無理やり”通塾させたり子供が望んでないのに“無理やり”お受験させたり習い事をさせたり“無理やり”偏差値高い学校へ入れたり、そういう事をすりゃエクセレントな人間が出来上がる訳ではないと思うわ。

お金かけて人間教育をアウトソーシングすりゃいいってもんじゃない。(と私は思う)           

子供本人が望んだ場合は別ですよ当然。

子供を無理やり親好みに品種改良すんなって話。

 

 

農水省事務次官夫妻がどんな育児をしてきたのか知らんけどさ~

エリート公務員の男が考えることって何となく想像つくわ。想像つく。

 

 

これ分かってない親が多いねんけど、子供は生れた瞬間から親とは別の個体であって親の所有物ではないし親とは全くの別人格やから、当然やけど、子供は親の理想通りには育たないものなんですねーーー絶対に。

 

子供は親の思うようには育たない。

自分の胸に手を当ててちょっと考えてみたらすぐに分かることやと(私は)思うねんけど、なんでこれが分からんかな。

 

子供は親とは別の個体。

 

 

あれやな。

時代が変わってきたってのもあるかも知れん。

親の成功体験を子供に押し付けたらあかんねんって!

昔と今ではぜんぜん違う。

昔(いま70代の人達が若かった頃です)は、インターネットも携帯電話も何もありませんでしたからね。元農水省の息子はネット漬けだったんですよね・・どっかで読んだけど。

 

いや別にインターネットが悪いとはいわへんけどさ、なんていうかな・・便利なモノには必ず負の側面があるっちゅうか。

使い方を間違うと、けったいな事になってしまう。

 

 

あぁ、車に例えると、オートマ車は誰でも簡単に運転できるけど、それが暴走に繋がるとかそういう事と同じ。

だってマニュアル車はアクセルを踏むだけでは前に進まない。左足でクラッチを踏んでギアチェンジしなければ発進できない。

マニュアル車は下手な運転してると、右折待ちとか坂道発進でエンストするねんで。

 

 

エンスト。

そう、エンスト。エンジンストップ。

わかります?エンスト。知らんでしょ?オートマ限定免許のひとは。全く!

あーー思い出した!

私は自動車学校の坂道発進練習場所で何回もエンストを経験したんですよ。

マニュアル車坂道発進。あれ、慣れるまでめっちゃ難しいねんで。

しかも車によってクラッチの感じとか微妙にクセが違うから、半クラ状態を保つのが大変なんですって!

 

 

半クラ

そう、半クラ。半分クラッチ

わかります?半クラ。知らんでしょ?オートマ限定のひとは。全く!

 

 

もうええわ。

それで私は何が言いたいかというと「人生楽ありゃ苦もあるさ」ってこと。

水戸黄門の主題歌ですよ。

 

100%満足する人生なんてあらへんで。

100%自分の思い通りにいく人生なんかあらへん。

悩みの無い人間などこの世に存在しない。

そして子供は親の思い通りには育たない。

 

 

ああそうそう、水戸黄門といえば、原田龍二てオモロイわ。

原田龍二ね、あれは不倫とちゃいますよ。あんなん不倫とちゃうちゃう!

あれを不倫と呼んだら、不倫サマに失礼ですよ。笑

 

 

男女の不倫関係というのは、瀬戸内寂聴がいつも言ってるけど雷に打たれるようなものなんですよ。知らんけど。

不倫なんてモノは、「よし、俺はこれから不倫しよう!おれは不倫する~!」と思って簡単に出来るものでは無い。

そう簡単に不倫相手を見つけることなど出来ない。

 

簡単に見つかり簡単に縁を切ることの出来る相手であれば、それはただの「浮気」ですね。不倫ではありません。はい。

映画「オン・ザ・ハイウェイ」のアイヴァンのケースがそれ。

あれはただの浮気です。

浮気の結果がちょっと大変なことになってしもてたけど・・

 

 

瀬戸内寂聴がいうところの「雷に打たれたような恋愛感情」が自然と沸き起こり、その結果、簡単には後戻りの出来ない、にっちもさっちもいかないのっぴきならない状態に陥ってしまうものが不倫なんですよ、きっと。

 

 

そこんとこ石田純一に教えてもらったら?原田龍二。 笑

龍二のあれは、ただの女遊び。浮気。安いデリヘル。いやそれ以下やな。

天理のデリヘル市長以下ですよ。もうほんまに恥ずかしいで龍二。情けない。

 

あの相手の女もあほちゃう。あんなんファンとちゃうやんか、

ペラペラペラペラ、マスコミ相手に情報流すってどういう事なんですか。ほんまに原田龍二のことが好きで原田龍二の事を応援しているファンなら、マスコミに情報流したりとか、そんなことせえへんやろ?

あ、あれってハニートラップ?それか売名行為。 

あほくさ。

袴田のアパ不倫以下やな~ 

もうほんまにあほらしいけど、あんなん世間のどこにでも転がってる話やわ。

 

しょーもな。

 

だけど原田龍二の奥さんって人は、よく出来た女性っぽい。

有名人とか、一般人でも年収ウン千万とか、そういう高収入男性と結婚するってことは、最初っからああいう事がコミコミなんですよ多分。

 

浮気なんてモノは高収入オトコのカイショウやと思って見て見ぬふりしとけばいいんです。放っときゃそのうち外の女に飽きて家に戻ってきます。

 

 

言っとくけど、平均的収入の一般サラリーマン男性が、浮気じゃなくて「本気不倫」に陥るのが一番こわいっていうか、タチが悪くて厄介やと思うで。

 

 

 

 

 

 

 

 

.