だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

あのキャスティング最高やな。

ベニチオ・デル・トロの顔こわすぎ。
ジョシュ・ブローリンも。


晩の後片付けと明日のお弁当下ごしらえが終わってから、映画「ボーダーライン・ソルジャーズ・デイ」をちょっとだけ観ようと思って再生したら、結局最後まで観てしまったし。。 ねむい


それにしても凄い映画やなボーダーライン。ボーダーライン1と2、どっちも面白いしめっちゃ興味深い。引きずる...

あの不気味な音楽が今もずっと頭の中でグルグル回ってる。
あの映画さ、タイトルは「シカリオ」のままでええのとちゃうかな。


ボーダーライン、最初から最後までこわいしドキドキするし、観たあと何かちょっと気持ち悪くなって食欲失せるし人間不信にもなるねんけど、それでも何故かクセになり何回も観てしまうという、映画中毒みたいなこの現象は一体なんなんやろう??


ベニチオ・デル・トロ マジックやろか。
ほんまに迫力ある。そして渋いわベニチオ・デルトロ。 目つきこわすぎ~ 

こわいけど、成熟した強い男の色気ムンムンやねんな。あの佇まいや雰囲気は、欧米人の中年男にしか出されへんで。
20代30代の若者では無理。日本人でも無理。


案外ああいう人って、仕事で関わりのない一般女性に対しては、ツンデレやったりするねんで。きっと

ああいう冷酷そうな男に、ツンデレのデレ面というか意外に優しい一面を見せられたら、ツンデレ好きの私はイチコロかも。笑


人間の意外性て重要やわ。
ワタシさっきから何言うてるねやろ。
寝よ。

ねむい






.