だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

プロレス観戦で発散か。


なんか・・
今日は半休とったとかで旦那がはやく帰ってきて、寝室のテレビで(録画した)プロレスをずっと観ててんけど。


男の更年期?

わたしは最近、働き盛りの中年サラリーマンがひょんなことから道を踏み外して崩壊...崩壊っていうか、己の人生を一旦リセットするような内容の映画を連続してみてたから、


「生きてりゃ誰しも色々あるんやろな...」
ということで、旦那の行動については一切触れず、プロレス観戦についても何も言わず、「あ、お帰り~」とだけ言って、晩御飯の時までそっとしておきました。


旦那は晩御飯たべながら缶チューハイを3本くらい飲んで、調子よくベラベラ喋ってましたよ。笑

まいにち晩酌に付き合う私の身にもなってほしいわ。わたしお酒のめてよかった。
あんなダンナの愚痴とか弱音、シラフで相づち打ってられへんデ。



子供もそうやけど旦那も全く同じで、こちらが何か聞きたいことがあっても、ちょっと一呼吸おいて我慢して、向こうが話したい時に話し掛けてくるのを待つのが一番いい。


人によっては「どうしたん?何かあった?」と聞いて欲しい場合もあるんやろけど、うちの男に関しては、私が質問攻めにしたら鬱陶しがって心を閉ざす傾向がある。


人間には、何も言わず何も聞かず、そっとしておいて欲しい時がある。
喋りたくなったら(相手さえいれば)勝手に喋り出す。

ただ、向こうが自発的に喋り出すのを促す為には、私の心の扉をいつも開けておく必要があるんですけどねー。

これが結構ムズカシイ。


子供に対しては常にオープンに出来ても、旦那の愚痴と弱音に対しては、閉ざしてしまいたい時もあり、、 ひとりで受け止めるのがしんどいから。


家庭の運営て難しいわ。
だけどこれを怠ると後々厄介なんよなあ。。



あれちゃう?
男はプライドが高い生き物やから、外では無理してノープロブレムを装ってるのとちゃうやろか?
何で私がここまで察して家族のフォローばっかりせなあかんねやろ。


「お母さん」て重要な任務やんか。
しんどいんですけど.. (^_^;)


私も寄り掛かる相手が欲しいかも。時には。

だから私は、アイヴァン(オン・ザ・ハイウェイ)の気持ちが何となくわかる気がする。


アイヴァンは、子供の頃からずっと独りで踏ん張って生きてきた人やねんて絶対。私の勝手な解釈ですけど。







.