だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

自分に似たひと。

寝る前に何となく「レ・ミゼラブル」のブルーレイを観てしまい(チャプターとばしながら)、感動して泣いて興奮して寝られないという・・・。
何回も観た映画やのに、何度観ても、いつも同じところで泣く。


わたし何してんねやろ?
まあでも感動して涙流したらメンタル浄化されてる感じするからいいや。


映画はやっぱりええなー。
好きな映画をみてる間は、嫌なことを一瞬わすれてるもん。


主婦の人(というか女性)って、誰かとペラペラ何時間も喋りまくって発散するタイプがわりと多いような気がするけど、喋って発散タイプは、ただ自分が喋りたいだけで他人の話をほとんど聞いていない。
と思う。


「喋って発散」タイプの人と一緒にいたら、私の場合は小一時間ほどで頭が痛くなってくる。気ぃ使って話を無理やり合わせる私の方に問題があるのかも。わからん


私の場合は、ひとりで映画を観たり本を読んだり、こうしてダラダラ日記を書いたりするのが一番の発散になる~。
私の心の友は本と映画の中にいる。

ちょっとヤバい人みたい?いや大丈夫。私みたいな人、実は結構いるんとちゃうかな。


読書て独りでひっそりするものやから、同類の人と出会う機会が少ないのよな。
図書館で座って本を読んでいたら、気が合いそうな人(手にしている本で判断)を見かけることが時々あるけど、図書館で他人に声をかけることなんかでけへんし。


あ。思い出したけど、数年前、図書館で本をさがしながら歩いていたら、前から歩いてきた図書館員の女の人(同年代)が、私に向かって満面の笑みで両手を振ってきてビックリした。
彼女は私の目の前まできてハッとして立ち止まり、「すみません。妹かと思ったんですけど人違いでした、、」とな。笑

「そんなに似てますか?」と尋ねてみたら「似てます」と。
私の顔をみて。笑


世の中には自分のそっくりさんが3人居ると聞いたことがある。
意外なところで、ひとり発見。

あの図書館員の妹さんの写真、見せてもらえばよかったかも~。
いや見たくないかも。






.