ねむい

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

ずっと嵐が丘のことを考えている。


ちょっと待って。ティモシー・ダルトン版の「嵐が丘」(1970年)ってのがあるやんか~!

きのうレイフ・ファインズ版「嵐が丘」を観てから、あらためて「嵐が丘」という小説におけるヒースクリフとキャシーの悲恋について私は考えてるねんけど、
さっきネットで色々みていたら、YouTubeティモシー・ダルトンヒースクリフを見つけてしまった!!


ハッキリ言って、ティモシー・ダルトンが最もヒースクリフのイメージにぴったりハマッてるんじゃないですか?

ヒースクリフの情念に満ちた内面世界、粗野で激しい挙動の数々、キャシーへの狂ったような恋愛感情・・ 
ティモシー・ダルトンが一番ハマッてますね。目つきの迫力からして全然違う、他の俳優とは。


ティモシー・ダルトン版「嵐が丘」も、DVDにはなってないっぽいねんけど何でやろう。
YouTubeじゃなくて、ちゃんとディスクで観たいなあ。


嵐が丘はイギリスでは大人気やけど、日本ではそうでも無いのですね。何で?
凄いドロドロした恋愛ストーリーで面白いのになぁ、、家政婦目線で語られるというのも面白い。

わたし個人的には、フィッツジェラルドの代表作「グレートギャツビー」よりも、嵐が丘の方が日本人好みの恋愛小説やと思うんですけど。(グレートギャツビーは村上春樹が絶賛していて日本ではその影響が大きいのかも。)

嵐が丘の場合、ヒースクリフとキャシーは最終的に天国で一緒になれたっぽいしさ。
運命のいたずらというか2人にとっては長すぎる道のりやったけど、最後は幸せそうで良かった。


それにしても恋って恐ろしい。

あれだけヒースクリフのことが好きだったなら、そりゃあ、いつまでも未練たらたら亡霊となって嵐が丘のアーンショー家に出てくるわキャシーも。

何でエドガー・リントンなんかと結婚したんだキャシー! 若気の至りですか。お金と地位に目がくらみましたか。あらら。
やっぱりお金では幸せを買うことは出来ないのですね。
古典小説であれやから、もうこれは、いつの時代も永遠のテーマなのですね。




.