だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

おごれる者は久しからず。

 

 

経費削減がとまらないな・・できる限り無駄を省く。まあ、民間企業においては極めて普通のことですね。

奈良県(というか公務員)悪代官達の辞書には「経費削減」という言葉は載っていないでしょうけど。あいつら、お金は空から降ってくると思ってるのちゃうんか?

 

あほくさ~ 

そのうち天罰が下るかもよ。いや絶対に天罰が下る。

おごれる者は久しからず、ただ春の夜の夢の如し・・

諸行無常やん~。昔の人てほんまにうまいこと言うわ。永遠に変わらぬものなど存在しない。

 

 

他人を苦しめるような悪いことや狡いことばっかりしてても運良く(自分が)まあまあ上手くいっていた場合、自分の子孫や家族がエラい目にあったりとか、またはその子孫や家族に恵まれなかったりする。

来世でエラい目にあうとか、死んでから地獄に落ちるとか? 

死んでから地獄に落ちるのは嫌やな。私は地獄は嫌です。

 

優しい人の周りには優しい人が集まるし、悪い人の周りには悪い人ばかり集まってくる。悪いことをすれば何か悪いこととなって自分に返ってくるし、良い行いを心がけていれば自分にも何かいいことが起きる。(と私は信じている)

因果応報です。

 

 

何もかも全て自分の思い通りに上手くいく人生など存在しない。

悩みの無い人間はいない。完璧な人生など存在しない。他人からは完璧に見えても本人はそう思っていないかも知れない。なぜなら、どの世界にも上には上が居るものだから。あらら・・ 

 

もうね、これは永遠のテーマなんです。

古典文学よんでたらよく分かる。今も昔も人は皆、同じようなことで悩んでいる。

何もかも自分の思い通りに上手くいく人生などこの世に存在しません。

おごれる者は久しからず。

子供のお便りで心が洗われる。

真面目に仕事がんばります。小さいことからコツコツと。

 

 

 

.