だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

映画を観てきた。

 

 

夏休みさいごの日曜日ってことで子供と一緒に映画を観にいってきたんですよ今日は。高校生になっても親と一緒に映画館へ行くことを嫌がらないウチの子供・・ハタから見たらちょっと珍しいのかも。 

 

説明すると、うちの子と私は純粋に映画が好きで映画館という空間が大好きで、それで二人で一緒に行くだけなんですよ。習慣化してるっていうか。(性格がよくわかっていて気を遣わなくていいからラク。子供はお小遣いが減らなくてラッキー)

共通の趣味です。目的は、純・映画鑑賞。

 

 

目的が「純・映画鑑賞」なので、私たち親子が映画を観るときはポップコーンや飲み物を持ち込むなど言語道断、邪道です。

飲み食いしてたら集中して映画を観ることが出来ないじゃないか!!

 

もうね私たちは予告編の段階から真剣に観てますからね・・二人とも無言ですよ無言。映画館内に入ったら、よっぽどのことが無い限りヒトコトも喋らない。ちょっと変ですか。いやそんなことない。だって目的は純・映画鑑賞ですから。

 

 

映画館という場所には子供が幼稚園に上がったころから連れて行ってますけど、その頃から私は一貫して「映画館でポップコーンを食べるのは邪道だ!!映画を観たあとカフェとかに寄って友達と感想を言い合うのも邪道!!鑑賞後はなるべく一人で内容を噛みしめる!」等と意味不明の英才教育?をしてきたので、私に影響されたうちの子供は、すっかりそのスタイルが染み付いてしまったようです。

 

「映画はなるべく一人きりで鑑賞するもの。」

ただの面倒くさい奴じゃねーか。 笑 

 

 

将来もし好きな異性が出来てデートで映画へ行き、その好きな異性がポップコーンを買いたがったり館内でベラベラ喋りかけてこようもんなら、私の子供は速攻で「自分とは合わない相手だ認定」をしてしまいそうです。私のせいですゴメンナサイ...

 

だけど「合わない異性」を見分けるのって大事なことやと思うわ。どんだけ好きな彼氏彼女や結婚相手であっても互いに「侵してはならない領域」ってのはあると思うんですよ。

しかしこんな性格でよく結婚できたもんやな私。

うちの家族は旦那も子供も私もきっと全員変わってるんですねー。

 

 

ちなみに今日観てきた映画は「トイストーリー4」。

館内ほぼ満席状態でしたけどね・・

トイストーリー4 を観た感想。

「3」で完結しておけばよかったのに。私の号泣をどうしてくれる。

まあ、普通に面白かったですけど。さては「5」も作るつもりですかディズニーピクサー。映画も儲けてなんぼですもんね。

 

 

 

.