だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

早速みてきたし。


わたし今日は映画「ジョン・ウィック : パラベラム」を観てきたんですよ。


いや~凄かったですね。
ジョンウィック、殺す殺す... 
しかもジョンウィックは仕事が丁寧。仕事が早い、福屋工務店! 笑  

死んでいるであろう相手にも、念のため何発も銃弾を撃ちこんで確実に殺す。ナイフで殺す。短刀で殺す。馬で殺す。図書館の本でも一人殺してました。すげーよジョン・ウィック、、


ハルベリーの犬も凄かった。アサシンの犬に銃を向けたりしてはいけません。百倍返しを食らいますよ!生きて帰れない。

そもそも裏社会から足を洗ったジョン・ウィックが再び殺しの世界に戻ってきた理由も、「ロシアンマフィアのバカ息子にオレの可愛い犬を殺されたから。」ですからね~


ジョン・ウィックは、裏社会で生きてる悪い奴らを皆殺しにするというのがいいですね。
日本でいうところの水戸黄門か必殺仕事人ですか。
必殺仕事人はいいですねー。最後にスッとする。

私もそうやけど、やはり世間一般の庶民は、こういう単純なストーリーが好きなんですね。何か気持ちいい。
でもジョン・ウィックの話はだんだん複雑になってきてる... あのムハンマドみたいな王様、誰?







.