だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

淋しいのかな。

 

 

近所のクソガkやかましい!! ナントカは風邪ひかないっていうけどホンマ。

仕事してんね私は!

勉強してんねウチの子供は!

 

 

あの馬鹿でかい奇声は一体何なの。

何?ほんまに謎なんですけど・・ストレス発散?誰かに構って欲しいのかな。外で元気に遊ぶのはいいことやから遊ぶなとは言わないけど、普通に遊んで欲しいわ。異常やん声が。

乳児やら幼稚園児ならまだ理解できるけどさぁ。乳幼児は大声出して泣いて、親を困らせるのが仕事みたいなものやから。

 

・・あぁ、その乳幼児期に周りの大人にしっかり甘えたり抱っこしてもらえなかったから、赤ちゃん時代から誰かに甘えたいのに甘えられなかった「満たされぬ思い」が、彼ら彼女らの心の中にあるのかも知れないわ。淋しいのですね。

それが大声(人に注目されたい)というカタチで現れるのとちゃう。

可哀想な子ども達なのか。

 

そりゃ甘えたいし構って貰いたいわ子供だもの。

大人だって、優しくて頼りがいある誰かに甘えたいし構って貰いたいもんさあ~。その「頼りがいある誰か」だって、いつも誰かに褒めて貰いたがってるんですよ。きっと。

 

 

もし私が「子ども食堂」とかを開いたら、アホみたいに毎日くるで彼ら。

開きませんけど。

自分の家庭を維持するだけで精一杯です。余裕と情熱が無いとボランティア活動なんて出来ないわ。 

 

しかし・・異常な大声やんか。親の顔が見てみたい。いや見たくないわ見なくても想像つく。