だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

あの爺を何とかして。

 

 

 

ハンブルクバレエ団によるマルグリットとアルマン。 何という美しさ。

麗しい… 素晴らしい。

あまりの美しさに、同じ動画を二回繰り返して観てしまった。

マルグリットとアルマン…      私の中では、ロミオとジュリエットと同レベルの美しさ認定です。

 

マルグリットとアルマンって「椿姫」なんですね。椿姫も悲恋なんですよねぇ。

椿姫といえばオペラが有名やけど、バレエ版もあるのかぁ。知らなかったわ。

 

 

奈良県知事がポテトチップ食べるニュースを見て苛々ストレス溜まったから、美しいバレエの動画を観てメンタル浄化したし。  

 

 

ポルーニンは滋賀公演でアルマン役をやるのですか?うっそ、観たい!観たいなあ。。けど私いま忙しいのよなぁ…   うーん。どうしよ

ポルーニンのアルマンは、きっと、言葉にならないほど麗しいことでしょう。

 

英国ロイヤルバレエ時代?のポルーニンがアルマン役を演じている動画もあってちょこっと観てみてんけど、あれは第一幕?二人の出会いの場面もいいけど、出来れば第二幕や第三幕が観てみたいなあ。

ハンブルクバレエの動画で私が観たシーン。あれは第三幕?にわかバレエファンの私にはよくわからないけど黒い衣装のやつ。ほんまに素晴らしかった、、うん。まるで二人の妖精が踊っているかのよう。

 

 

あれを劇場で観たらグッときて泣けると思う。めっちゃ感動すると思う。音楽もいいしさあ…

ハンブルクバレエの二人、同じ人類とは思えぬ美しさでした。