だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

厭世主義

フリーデマン・フォーゲルが踊る『オネーギン』観たいなぁ...
ドイツ・シュツットガルトバレエ団です。

オネーギンも世の中が嫌になっている人なんですね。厭世的。チョットキモチワカル..



『オネーギン』か『ロミオとジュリエット』かなあ。つぎ買うとしたら。

ロミオとジュリエット』は英国ロイヤル版がええやろか?シェイクスピアやし。フェデリコ・ボネッリがロミオを演じてるのがブルーレイで出てる。




世の中が嫌になっている私は、バレエ鑑賞で現実逃避ばっかりしています。
家事と仕事は仕方なく頑張るけど。


今日は夕方からずっと頭と眼の奥がズキズキ痛くてしんどいから、ひょっとして熱があるんじゃ...?と思ったけど、何回測っても35.8℃とか35.5℃しかなかったというか。それにしても35.5て低すぎん?何で?アタシ大丈夫なん?
低体温すぎて頭が痛いのか。。(+_+)


体調悪い...
世の中が嫌すぎて自律神経乱れてるんちゃう。眠れない。ストレスも溜まってる。


あー海が見える温泉宿とか行きたいなぁ。
波音を聞きながら露天風呂に入ったり、部屋食で舟盛りを食べながらビール飲みたい。


すぐに眠れそうにないからゲーテでも読もう。私は厭世的で暗い人間なので、陰鬱な空気漂う本を読むとほっとします。暗いことばっかり考えて世の中が嫌になっているのは自分独りだけちゃうねんなと思えるから。



.