だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

さいきん悪夢をよく見ます。


私は寝ている時によく夢を見るんですけど、昨日は山中先生(iPS細胞)の夢を見ました。

夢の中でお目にかかった山中先生は、どこからどう見ても信頼できる誠実な御方で、とても格好良かったです。ちょっと好きになってしまった。


夢の中で私は山中先生の授業を受けようとしてたんですけど、授業開始直前、急に空が真っ暗になり、物凄い雷を伴った激しい嵐が来て教室の窓ガラスが複数枚割れ、部屋の中に強風が入ってきて教科書とか書類がブワーッと舞い上がり教室内はパニック状態、なかなかの大惨事やんか大変なことになったわどうしよう誰か助けてー!山中先生、助けてー!

...そこで目が覚めた。
えらいリアルな夢やったなドキドキしたもん。


ハリウッド映画とかで主人公の男性が悪夢にうなされて汗だくでガバッと起きて、ダブルベッドの隣で寝ていた奥さんが 「あなたどうしたの?大丈夫?」 ...みたいなシーンがよくあるけど、まさにあんな感じで私も悪夢の途中にガバッと起きた。


ハリウッド映画との大きな違いは、私は既婚者で夫や子供と一緒に暮らしているけど、いつも独りで寝ているっちゅうことですかね。
独りやから、悪夢にうなされても誰も心配してくれない。


うちの家族は全員個人主義やから、一緒に暮らしていても、やってることはバラバラなんですねー。
趣味もバラバラ。

休日の晩御飯くらいかなぁ、1つの部屋に全員集合するのは。その全員集合も、何となくちょっと無理がありますよ子供が大きくなってきてから。


あ~猫ちゃん飼いたいな。
猫がいたら家の空気は随分変わると思う。



.