だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

やっぱり映画はいいな~

スタンドアップ」ていう映画を観たんやけど、すごい良かった。勇気をもらった。
観ててしんどくなるような辛いシーンが途中いっぱいあったけど、希望を感じるラストが本当に良かった。カタルシス

映画のラストシーンてほんまに大事やわ。ラストが雑やと作品が台無しになっちゃう。
あまり説明しすぎないで、想像の余地を残しながら終わるようなのが私は好きかな。


あれは実話ベースなんですよね?
諦めなければ道は開けるんですね。
そうか... 何事も諦めたらそこで終わりですもんね。何度も立ち上がって粘着質にしぶとく生きていけばいいんだわ私も。


原題は「north country」だったかな。
映画の邦題って作品の雰囲気をぶち壊すトンチンカンなのが多いけど、「スタンドアップ」に関しては邦題の方がしっくりくるかも知れん。邦題の方が作品テーマにぴったりやったわ珍しく。



それにしてもシャーリーズ・セロンは格好いいなぁ。やっぱり。
すごい女優さんやな...と、彼女が出ている映画を観るたびに思う。ただの美人女優とちゃいますよね。「モンスター」とか「マッドマックス怒りのデスロード」とかさ~、もうほんまにビックリする。


役作りで頭丸刈りとかデニーロアプローチ並に太るとか、あんなん女優根性だけで出来るものではないような気がするねんけど。プロ中のプロやん~ 

それに「マッドマックス」の撮影なんて、ロケの間ずっと地獄みたいやったんとちゃうかな。
観客は観てるだけやけど、それでも地獄みたいやったもん。観ててしんどかった。
世界的に有名なハリウッドスターってのはやっぱり凄いんですねえ。



私が最近すごいなと思ったのは、シャーリーズ・セロンマシュー・マコノヒー

ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒーも、めっちゃ凄かった。
マコノヒーあれは何キロ減量したの?まるで別人やってんけど。こわいわ。





.