だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

バレエ王子の夢がみたい。

さいきん毎日のように変な夢を見るんだわ私は。変な夢というか悪夢。内容は書けないや気持ち悪すぎる。 


悪夢をみるの嫌やから、今日は寝る前にボリショイのバレエ王子の動画を観よ~。夢の中に王子様が出てきたら最高やん。ボリショイのバレエ王子(アルブレヒト)になら噓つかれて裏切られてもいいです。本望やわ。

だって一瞬でも夢が見られるやんラブラブ薔薇色の世界やん。ジゼルだって、死んでもなお(亡霊となって)アルブレヒトのことを庇いウィリ達やウィリの女王ミルタの仕置きからアルブレヒトを守ってたやん。ジゼルはアルブレヒトのことが本気で好きだったんですね...純愛ですあれは。純愛。最終的にジゼルはアルブレヒトを許したんですよね私はそう解釈したわ、うん。
アルブレヒトだって、最初は遊びのつもりやったのかも知れんけど途中からまあまあ本気でジゼルのことが好きやったんでしょ?ジゼルを失ってから自分の気持ちに気が付いたんでしょ私はそう解釈したわ、うん。
気付くのが遅すぎるんだよアルブレヒト


「オネーギン」のタチアナもジゼルと性格がちょっと似てるような気がする。
二人とも純朴な田舎娘。そして生真面目で優しい。
気付くのが遅すぎるんだよオネーギン!


...バレエの世界、興味深いわ。ああいうのってもう永遠のテーマなんでしょうねえ。






.