だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

ウィルが気の毒。

ドラマ版「ハンニバル」に今ごろハマっている私はマイペースな人間やなあとつくづく思う。
ウィル可哀想過ぎるやんか...ウィル崩壊しまくりやんレクターにまんまと嵌められてるしほんまに気の毒。
ていうか、あのアラーナとかいう女精神科医とFBIのジャック無能すぎるわ。アラーナブルーム、精神科医のくせにレクターに心酔し過ぎ。ジャックなんてFBI行動分析課のトップですよ?あのFBIの管理職ですよ犯罪心理分析担当チームの。
ジャックは、精神崩壊してるウィルグレアムを酷使しすぎやし付合いの浅いレクター博士を信頼しすぎ。あなたFBI捜査官でしょうよ、たまには自分でプロファイリングしなさいよジャック。でけへんのかいな。
まあいいけど。それだけハンニバル・レクターという人間が凄いちゅうことなんですね。凄いというかサイコパス。レクターの美学えげつないわ。
マッツミケルセンのスーツ姿めっちゃ色っぽいし所作も美しいしはまり役。見とれる。あぁ、だから皆うっかり信じてしまうんだ。


ところでサバクトビバッタ大群は今どうなってるんやろう。