だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

育てたように子は育つ

 

 

夫の失業をきっかけに徐々に崩壊していく家庭の姿を描いた「ワイルドライフ」ちゅう映画を観たんですけどね... 

いや~何とも。

何とも言えない余韻が。

 

 

なんか他人事とは思えなかったわ。

そうそう、夫婦喧嘩てあんな感じなんですよあんな感じ。板挟みになってしまう子供が気の毒なんですね。不良になれない真面目で冷静でおとなしい子供やとあんな感じにね... この映画、私は終始子供目線で観てました(元々子供目線で作ってある作品やけど、ときどき母親に感情移入してしまうし母親の気持ちも理解出来なくは無い)。

 

両親の駄目なところや弱いところ、母親の女としての一面や人間くさい部分をこれでもかと見せつけられることで人生に必要なことを(子供が)学ぶというね。。

 

それにしてもあの子供、冷静やったな。冷静すぎるやろ~

いろいろあったけどあの夫婦はもがきながらも頑張って生きてたし、子供に対する愛はちゃんと持ってたし愛情表現もしてたし根は真面目な二人なんやと思う。きっと。だって子供は道を外れることなく不登校にもならず、ちゃんとした人間に育ってたもん。

「育てたように子は育つ」(相田みつを

写真屋さんでアルバイトしたことが救いやったのかも知れないわ彼にとっては。あの写真屋さん何気にいいこと言ってた。

 

それにしても他人事とは思えなかったなぁ... まあ、うちの旦那は(仮に)私に彼氏が出来たところでその彼氏の家の玄関にガソリンまいて火をつけるなんて過激なことはしないと思いますけどねえ。そこまでの行動力とエネルギーと私への執着あらへんわあの人。やったー!これで俺に有利に離婚できるやんけ相手の男に慰謝料請求したんねん〜とか思うのとちゃう〜そういう行動力機動力エネルギーもないかな。 知らんけど。

 

 

 

.