だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

やっぱり映画はいい。

ガーンジー島の読書会の秘密」という映画をAmazon Prime (レンタル)で観たんですけど、めっちゃ良い映画やったわ。
こういう良作に出会うことがあるから映画鑑賞はやめられない。
映画と本は私の心の避難所です。


シェイクスピアや、ブロンテ姉妹の本が読みたくなる映画でしたね。イギリス人ってやっぱりエミリ・ブロンテの「嵐が丘」が大好きなんですね。私も嵐が丘は大好きですよ!若い頃に何度も読みましたよ。シェイクスピアも。
ヒースクリフとキャシーの情念的な恋愛、いいですね~あの二人は物凄く気性が激しいんですね。シェイクスピア悲劇もいいですね。熱愛であればあるほど成就しない方がいいんですよ多分。その方が心に残ると思う。


あ、「ガーンジー島の読書会の秘密」はハッピーエンドやったけど、あのハッピーエンドの裏には戦争による沢山の悲劇も隠れている訳で...だからあれは、ただのハッピーエンドとは違います。
いや~それにしても心温まる良い映画やったな。一冊の本が人の縁を結ぶというね...素晴らしかったです。何度も観たくなる素敵な映画でしたよ私にとっては。
映画を観た後に原作を読みたくなる映画でした。「日の名残り」もそういう作品ですね。カズオ・イシグロの「日の名残り」、いま私ちびちび文庫本で読んでますけど。



いや~映画って本当にいいもんですねえ!
水野晴郎でした。

サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ!
淀川長治


     




.