だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

ナウシカは観る。

 

 

 

 

「その者青き衣ををまといて金色の野に降り立つ… 」

何度見ても同じところで泣ける。思い出しただけで泣けるで。