だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

あぁマッツミケルセン。

マッツミケルセン...
あぁマッツミケルセン、ミケルセン。


映画「偽りなき者」がAmazonPrimeVideoで100円レンタル出来るから、久しぶりに(8年ぶりかな)観たんですけどね。。


再鑑賞やから内容は知っていたけど観るのが辛かった... こんなしんどい映画なかなかあらへん。最近やと「ジョーカー」を観たときと同じくらい心がしんどい。

マッツミケルセンの眼鏡姿(これがまた色っぽい)見たさに再鑑賞したんやけど、田舎の閉鎖的な人間関係て気持ち悪いわ。やっぱり。


田舎の小さな町って住人全員が知り合いみたいなとこありますからね...誰々が離婚したとか変な噂とかが一気に広まる。
ドラマ「クランフォード」で描かれる世界なんかもそうやけど、他人の噂話(悪口)を糧に生きてるようなオバハンがああいう町には必ず居て、あることないこと余計な想像を膨らませながら他人の悪口を町中の人に喋りまくるんですね。そしてそれを鵜呑みにする閉鎖的な田舎民たち。(村八分というだけあって、残り二割位の住民は良心があり冷静)


クランフォードというイギリス田舎町は、思慮深く善良な人が多いから噂話が広まっていくところも観ていて面白かったけど、マッツミケルセンの住むデンマーク片田舎の住民はひどかったな。えげつない村八分やんか。あの事件は誤解というか冤罪やのに...証拠はないけど。ていうかルーカス(マッツミケルセン)は生まれてからずっと何十年もあの町で暮らしてたんでしょう?ルーカスがどういう人間なのかは幼馴染の友人達や近所の人もよ~く知ってるはずやのに、あれはないのとちゃうん??何で子供は絶対に噓をつかないと決め付けるの?デンマークってそういう国なんかな。知らんけど。

あの男は離婚したばかりで寂しい独り者やから...とかそういう偏見もあるのかなあ?ルーカスは見た目が良くて女性にモテるタイプやから実は皆ずっとルーカスに嫉妬心を抱いていたとか。。美しく生まれついたが故の不幸、あり得るで。男て女よりも嫉妬深い生き物やねん。多分。



それにしても、あのクララの両親!自分たちが普段クララをほったらかしにしてクララのことをよく観察してないからあんなことに...クララってちょっと軽い発達障害みたいっていうか自閉傾向っていうか変なこだわりありましたよ。両親との関わり方もちょっと変やし。いつも『線』を見ながら下を見て歩くとか。地面に線がいっぱいあるとどうしていいのか分からなくなって迷ってしまって動けなくなるとか。それ理解してないやん、あの両親。

そしてあの園長!あのババア、何十年も保育の仕事してきて色んなタイプの子供を見てるくせにあの対応はあんまりやん短絡的過ぎるやん!あのババア、最初から幼稚園職員に男性は不向きやと思ってたんとちゃうん?元々ルーカスのことが嫌いで気にくわなかったんとちゃうん?...等と、マッツミケルセンファンの私は思ってしまう訳やけど。


でもまぁ、難しい問題かもね.. 
こう見えて私も若い頃に変態男の被害には何度もあってるから園長の気持ちも理解出来なくはないわ。(どっちやねん)
だけどさ個人的には、変質者って女性にモテない女性に相手してもらえない気持ち悪いタイプが多いと思うんですけど。一般的に。

ルーカスは見た目格好いいし幼稚園の女性職員にもモテてましたよ?離婚したといっても女に不自由してないやん。
あぁルーカスは誰にでも優しいから、クララにもモテてたな。『優しさは時として罪』ってやつかも。そもそもクララはルーカスのことが好きでラブレター書いてたし...ルーカス先生にフラれて傷ついてあんなことにね。クララ兄の悪友に卑猥な画像を見せられたタイミングも悪かったね。ルーカス先生は女の子の扱いがちょっと下手っちゅうのもあるのかなあ?クララは6歳の子供なんやしラブレターなんか素直に「有難う~!先生嬉しいな!」って笑って貰っておけばよかったんだよう。ルーカスは幼稚園教諭の経験が浅いってのも不利やったね。

全部後付けやけどさ...
人は見かけによらないとも言うけどさ...


あぁマッツミケルセン。ミケルセン。
映画の内容はえげつないから観てるのは相当辛かったけど、貴方の眼鏡姿は素敵でしたよマッツミケルセン。
マッツミケルセンて眼鏡似合う。





.