だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

やらない後悔よりも、やった後悔。

 

 

ダンケルクに追い詰められた英仏軍の兵隊達ってどんな気持ちやったんやろう。。とか考えながら「つぐない」の戦場シーンを観ている。

若いときのジェームズマカヴォイ美しいわ。ジェームズマカヴォイはあのブルーの目がいいけど、口元もものすごく上品で可愛らしくて美しい。

 

映画「ジェイン・オースティン」では、ジェームズマカヴォイがアンハサウェイに「駆け落ちしよう。俺について来て欲しい。」と言っていた。そのときのジェームズマカヴォイは学生の身分で経済力が無かったから、最終的にアンハサウェイは駆け落ちを諦めて家に戻るねんけど、私がもしアンハサウェイの立場やったら、後先のことなど考えずにジェームズマカヴォイを信じて付いていくと思う。

だってあそこまで好きになった男性ですよ?本気で好きならついていくでしょ。不倫の恋でも何でもないねんし若いんやから駆け落ちしたって別にええやん。駆け落ちのすえ地獄に落ちたって構わない。落ちるとこまで落ちたら後は上がるだけやからまた立ち上がればいい。若さゆえの過ちなんて誰にでもある。アカンと思ったら、その時に軌道修正したらいいんです。


あのときあの人と結婚しておけば...みたいな想いを抱えながら自由気ままな独身生活を続けるよりも(オネーギンみたいやな)、なんでこの人と結婚したんやろう?と考えながら生きてる方がいいのかも。

今の私がまさにそれやけど、子育てを経験したことで独身時代よりも確実に我慢強くなってるし他人の気持ちも一生懸命考えられるようになったもん。

子供てハッとすること言うてくるし親のことをめっちゃ観察してる 。こわいくらい。

 

 

 

.