だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

生まれはウファ。

 

 

ルディ(ルドルフ・ヌレエフ)が、パリのガルニエ宮で海賊を踊るシーンて何回観ても最高やん。舞台へ向かうあの目が何とも…  映画ホワイトクロウの話。 ホワイトクロウは音楽がいいですね。私はバレエ音楽が好きやから余計にそう思うだけやろけど。

バレエってお金持ちの家に生まれたお嬢ちゃんお坊っちゃんの習い事っていうイメージあるけど、ヌレエフは貧乏な家の出身なんですね。列車の中で生まれたというエピソードはほんまなんかな。

そういえばセルゲイ・ポルーニンもウクライナの田舎町生まれで、両親はセルゲイが英国ロイヤルバレエ学校にいるときに離婚したりして不幸な生い立ちやった。

人の心に残る野獣のような踊りは、不幸な生い立ちも関係しているのかも。情緒不安定でないとあんな破天荒な生き方と踊りはでけへんねんで。きっと。

生い立ちは不幸でも、そこから努力して這い上がって成功した人ってのはやっぱり他とは違う強烈な何かを持っている気がする。日本人でいうなら矢沢永吉とか?ヤザワも確か不幸な生い立ちやったと思う。