だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

ジバンシイの香水

 

 

 

独身時代につけていた香水の小瓶を出してきて匂い嗅いだりしてる。そうそうコレコレこの匂い。懐かしい。楽しかったこと嫌なこと…色々思い出す。匂いの記憶て強烈やん〜思い出散歩からの思い出迷子。私て毎日香水つけてたんやな。自分のことやけど自分のことじゃないみたい。

あかん、トラウマスイッチ入りそう。