だるい日記

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば

無題

 

 

私の祖父は小学校校長をしててんけど、可愛い孫であるはずの私にも容赦なく厳しかったんですよ。私に対して常に真顔で命令口調でしたよ。言っとくけど。

子供は褒めたらアカンという教育方針だったのよ祖父は。褒めたら思い上がった人間になるねんて。戦争が終わっても帝国陸軍マインド。ウケる...

 

祖父はとうぜん自分の子供にも厳しく、私の親と祖父が愉しそうに喋っているところなど私は一度もみたことがありません。

私は祖父が誰かと楽しそうに喋っているところを一度もみたことがない。祖父がテレビのバラエティ番組とかを観てゲラゲラ笑っている姿など一度もみたことがない。そもそも祖父と普通の会話をした記憶がない。ついでに私は私の親とも普通の会話が成り立たないわ。私の親も帝国陸軍マインドよ。言っとくけど。(この話は何度か日記にかいたと思うけど)

 

帝国陸軍で鍛えられモラハラ慣れしている私の状態というのは、私の子供世代から見たら相当おかしいらしい。「お母さんは麻痺してんねん。」と子供からたまに言われるねんけど...ウケる。 

でもまぁ確かに変な忍耐力あるわ私。だって退役軍人みたいなもんですからね。小学校も中学校も私らの時代はめっちゃ理不尽で厳しかったんだよ。自動車学校でも信じられんくらい理不尽に怒られた世代なんですよ私達はね!

なんか損してる気がするなぁ...まあいいけど。